読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gamers ON

無駄に洗練された無駄のない無駄な日々を垂れ流したりするブログ。

【EXVSMBON】アレックスの立ち回りについて解説したいと思います。【僚機25コスト編】

どうも、波唯海李です。

さて、今回は前回の記事に引き続き僚機が2500コストの時の立ち回りを書いていきたいと思います。

↓前回記事

 

 

※本記事は個人の主観と理想が入っています。苦手な方は続きを読まないようにお願い致します。

また、本記事はあくまである程度の形のみとなっています。ゲーム中は様々な状況に変化するので、一概にこの立ち回りが正しいとは言い切れません。そこんところご了承ください。

 

 僚機:2500コスト

私的推奨タッグ。

自身が2回落ちれる。更に25機体は高スペック機体が揃ってる為、攻めるところは攻められるし、逃げる所は逃げられる(はず)

覚醒をフルに使ってしっかり働きたい。

 

■序盤(25コストが落ちるまで)

■開幕直後

基本的には30コストと同様のスタンスだが、僚機30コストよりも多少強気に攻めても問題ない。

 

■僚機HPが下がり始めた~僚機一落ち前の覚醒

こちらも基本的には30コストと同様のスタンスで問題なし。

 

■僚機次第では…

先落ちを視野に入れた状態で立ち回ります。

ロックを取ってあげる事で活きる機体もあるので……。

そういう場合は結構無理して前に出ます。どんどん被弾します。(もちろん避けられるのは避けますよ)

 

■中盤(25コストが落ちた後~自分1落ち~自分2落ちまで)

■25コスト撃墜直後~1落ち後

可能であれば同時落ち位のタイミングで落ちたい。

25コストが僚機の場合、自分が落ちた後もう一度落ちれます。

が、当然アレックスなんて相手からすれば落とす価値もなく無視安定…となりますね。(特に覚醒無い時のアレックス……)

なので、私は出来るだけ同時落ちを狙ってます。

すると、耐久値が低いアレックスを2落ちさせた方が楽?と相手が一瞬でも思ってくれるわけです。(思わなくとも一瞬は迷ってくれるでしょう…。特にシャフ)

一瞬でも動きに迷いがあれば、アレックスでもなんとか出来ます。

ガトリングや特格BRでダウンを取って一気に近づきましょう。

 

■2落ちまで

僚機のHPが250~300前後になったら落ちることを考えましょう。(200前に落ちたい所)

自分が落ちることで僚機に覚醒ゲージもあげる事も出来るので、そこら辺も視野にいれつつタイミングを見て落ちましょう。

 

■中盤で覚醒を使うかどうか

迷いどころですね。

2落ち前に覚醒を使ったほうがいいですが、覚醒中の動き次第では、2落ち目でも覚醒がたまらないことが有ります。

(私の場合、自分僚機含め結構ダメ貰ったら無理に使わず2落ち後のフル覚醒に回したりします)

これも状況次第ですかね。覚醒使って暴れられそうなら使ってもいいと思います。

ただし、1落ち後のアレックスが覚醒を使うと高確率で無視されるので、そこだけは気をつけたほうがいいと思います。(特に僚機が結構HP減ってる時)

 

■終盤(試合終了まで)

■2落ち後

アレックスは2落ち後かなりHP低い状態で戻ってきます。スンダで死ぬレベル(HP140で再出撃)

と、いってもチョバムがあるのでなんとかなる……と、思いがちですが、相手二体で追われたらチョバムごと殺られます。

落ち着いて一旦僚機の状態と状況を見ましょう。

 

■僚機HPがまだ残ってる

チョバムで無理しない程度に援護に行きます。

チョバム中でもアシキャンは可能ですし、バルカンは思ってる以上の高性能です。

無理に攻めずに援護に徹しましょう。

 

■僚機も落ちそう

こちらも一瞬で落ちてしまいますが、このまま逃げても僚機が落ちます。

チョバムを脱いで助けに行きましょう。

こっちを見てない時は問題無いですが、見られたらいつでもチョバムが着れる様に心の準備はした方がいいですね。

 

■注意すべき僚機

■アヴァランチエクシア / シャイニングガンダム

僚機の熟練度等にもよりますが、とにかく光の速さで落ちていく僚機。

僚機1落ち後、自分が落ちる前にもう持ちません通信とかね……。

ヤバイと思ったら僚機2落ち選択も視野に。

 

ケルディムガンダム

相手を狙い撃つケルディムガンダム

ケルと組んだ時は、先落ちを譲ってもらいどんどん前に出てロックをひこう。

僚機ケルで下がるアレックスはケルの負担がとにかくヤバイ。

(私自身ケル☆5ですが、僚機には前に行ってほしかったりします…)

 

 

では今回はこの辺で。

次回は僚機が2000コスト時の立ち回りを書きたいと思います。

 

 

 

 

gamers-on.hatenablog.jp